出来る場所によって発生の原因は異なる

  1. トップページ
  2. 様々な背中にきびの症状
  3. 顔に出来るにきびとの違い

顔に出来るにきびとの違い

顔にできるにきびがストレスやホルモンバランスの異常、紫外線やメイクの落とし忘れなどの汚れなど、多くの原因が考えられ、複雑に絡み合った状態なのに対し、背中にきびは基本的に、背中の毛穴に汚れが溜まりやすい状態が続き、悪化してしまったケースが多いです。

汗や皮脂で汚れた下着をなかなか替えなかったり、いつも服でこすれて肌が荒れてしまっていたりということも十分原因になりえます。また、気になるのでお風呂で体を洗う時に背中をゴシゴシ洗ってしまい、肌を荒らした上に、必要な皮脂分まで取り去ってしまって、却って肌の状態を悪化させてしまった…ということもあります。

かゆみが強くでることも多いので、治りかけをまた触ったりかいたりしてしまっては悪化し、またにきびができてしまうという悪循環に陥っていしまう場合も少なくありません。

また、背中にきびができやすい場合は、肝臓の機能への問題も考えられるため、皮膚科へいって正しい処方を受けて治療をつづけてもなかなか症状が改善しない場合は、内科にかかりなおし、肝機能を調べてもらうことも必要かもしれません。

背中ニキビの特徴として、背中にあるためなかなか治療がしにくく、治るのに時間がかかること、色素が肌にのこりやすい、傷跡がのこりやすいことなどが挙げられます。にきびそのものが完治したあとも肌への影響が出やすいため、見た目が気になるという人が多いようです。顔のにきびもそうですが、じっくりと時間をかけ、体の外側からも内側からも治療していくことが大切です。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3