保湿して痒みを抑えることが治癒への第一歩

  1. トップページ
  2. 様々な背中にきびの症状
  3. 背中にきびと乾燥

背中にきびと乾燥

背中にきびは、主に背中にある皮脂の分泌が多い部分(Vゾーン)と呼ばれる部分を中心にあらわれます。

背中にきびの症状で最も気になるのが、かさつきと乾燥です。強いかゆみをともなうため、ついつい触ってかいてしまうと、悪化の一途をたどります。このかゆみを我慢するのが、症状をもつ人にはとてもつらいのです。

また、悪化して赤く膿み、熱を持ってきた背中にきびは痛みとかゆみの両方を合わせ持つようになります。このように掻き崩しては悪化を繰り返すようになると、症状が収まった後もニキビ跡が残ってしまい、クレーター状になることも考えられます。なるべく触らないよう、かかないようにしたいですね。

また、スキンケアの際に化粧水や乳液は顔につけ、保湿をしているのに、肌への保湿を行わないと、これも背中にきびの原因になってしまいます。乾燥しすぎると皮膚をまもるために皮脂が過剰に分泌されるため、結果的ににきびができやすい肌の状態がつくられてしまうのです。

乾燥しないよう、しかしべたついたりしないよう、刺激の少ない保湿クリームなどを塗るのも手です。そして、にきびができているからといって、必要以上に石鹸などで洗いすぎたりするのもよくありません。洗いすぎは必要な皮脂を取り除きすぎてしまい、皮脂分泌が過剰になるのを促してしまうからです。丁寧にあらい、その後はきちんと保湿することで、乾燥からくる背中にきびはずいぶん改善されると思います。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3