進行状態や悪化具合を自分で見分ける方法

  1. トップページ
  2. 様々な背中にきびの症状
  3. にきびは色で分けられる

にきびは色で分けられる

にきびが出来て沈静化するまでは、4つの段階に分かれます。それぞれの段階は色によって呼び方があり、症状が違います。

白にきび

これは出来かけの状態です。ちょっと毛穴が盛り上がり、そこから白いものが顔を出している状態です。皮膚のよごれや皮脂による毛穴のつまりなどから、毛穴が盛り上がっている状態です。初期段階なのでつぶしてしまう人もいるようですが、つぶしたところから菌が入り悪化する可能性があるためおすすめできません。毛穴を詰まらせないように、肌を清潔に保つことが予防のポイントです。

赤にきび

白にきびから進行し、毛穴での炎症が起こったため赤く見える状態です。この状態になると私たちは「にきびだ!」と思うことが多いはず。炎症を起こしているため痛みやかゆみがあったり、目立って気になります。この状態になった場合は極力触らないこと。顔を洗ったりする場合もそっとして、炎症を広げないように注意します。

黄にきび

赤いニキビの炎症が化膿し、膿が見えているところまで進行した状態です。毛穴が盛り上がり、重症な場合は膿が破裂して痛いと感じることも。このにきびまで進行してしまうと、肌にもダメージが大きいため、沈静化したあともニキビ痕として赤く残ったり、場合によってはクレーター状になることもあります。病院に行って抗生物質を処方してもらうことでいくらか炎症を抑えることもできますが、この状態に進行する前に対策をしておくことをおすすめします。

黒にきび

これは白にきびの芯の部分が酸化して、黒くなったものです。顔の部分だと鼻などに出やすく、色が黒くて目立つために、黒い芯を抜いてなおそうと考える人も多いですが、開いた毛穴に汚れがたまりやすくなり、悪化の原因になるのでさわらないようにしましょう。症状が進行すると、白にきびと同じく赤や黄にきびとなる場合があります。

進行状態と色を知っておくことで、それぞれの対処法がわかります。まずは自分のにきびの状態を観察し、どうするのがいいのかをよく判断することで、治療に役立てたいですね。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3