治療と予防のために知っておくべきこと

  1. トップページ
  2. 背中にきびのできる原因と理由
  3. 背中にきびってどんなもの?

背中にきびってどんなもの?

にきびは、思春期のころから顔を中心に出来始め、私たちを悩ます原因になっている皮膚の病気です。最近はホルモンバランスや生活習慣による思春期以降の人にも出来、「大人にきび」という表現もよく言われています。これは、皮膚の皮脂の分泌のバランスがくずれ、毛穴をふさいでしまった結果おこるもの。一度出来るとなかなか治りづらく、症状がひどいとコンプレックスにもなるやっかいな病気です。

また、出来るのは顔だけではありません。顔の額と鼻筋の部分が特に皮脂分泌の多い「Tゾーン」として知られているように、体にも皮脂の分泌が多い部分があり、出来やすい所というものがあります。それが胸前と背中です。これらは「Vゾーン」ともよばれ、体にできるものの多くがここにあらわれます。

背中にきびは背中の皮脂腺にそって多くみられるもののことで、自分では見えない部分だけに症状が気になる部分でもあります。また、手の届かない場所なだけに治療やケアに手間がかかるのも面倒な原因の一つ。普段服で覆っている部分でもありますが、かえって服との摩擦でかゆみが増したりすることも。背中を見せるファッションを楽しんだり、夏に水着になるときに目立つと恥ずかしいと気にする人も多いようです。

さて、背中にきびを発見したら、どのように対策をし、できないためにはどう予防するのが効果的なのでしょうか?ここでは、出来てしまう原因を探りながら、有効だと思われる対策について記してみたいと思います。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3