3つの状態を改善することがスタート

  1. トップページ
  2. 背中にきびのできる原因と理由
  3. そもそもにきびのできる理由

そもそもにきびのできる理由

にきびができる肌の状態は、おおきく3つに分けられます。

毛穴が詰まっている状態

肌の細胞は一定期間で生まれ変わるようなサイクルを繰り返しています。これをターンオーバーといい、正常な肌の状態では、肌はつくられては表面ではがれおち、また新しい肌がその下からでてくるといったサイクルがスムーズに行われているのですが、このサイクルが乱れてしまうと、剥がれ落ちるべき古い肌がいつまでも留まってしまい、毛穴をふさいでしまいます。毛穴がつまると皮脂がたまり、にきびの原因になります。

皮脂の分泌が多くなる状態

皮脂は私たちの肌を乾燥から守ってくれる必要不可欠なものですが、男性ホルモンが働きすぎて、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、それが原因で肌に悪影響を与えることになることがあります。

思春期の男性に多いのがこのタイプだといわれていますが、いわゆる「大人にきび」の原因も、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れが原因です。体調やストレスによって引き起こされることが多い症状です。

アクネ菌が増殖しやすい状態

にきびの原因菌として有名な「アクネ菌」は、正常な状態の肌に普段から常在している菌のひとつです。しかし、皮脂や毛穴のつまりによってアクネ菌が増殖しやすい状態がつくられると、アクネ菌は炎症を起こします。この炎症した状態が赤くなって目立つ「赤ニキビ」の状態です。

これら3つが直接的な理由といえるのですが、その原因はもっと私たちの生活の中に隠れている日常的なことが大きくからみ合っています。思春期や女性の生理前の状態といった時期的なものから、食生活のみだれや睡眠不足といった生活習慣によるもの、精神的なストレスなどからおこるものなど、実に多くの原因からにきびが起こります。背中にきびも、例外ではないのです。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3