ホルモンバランスの影響でにきびが出来ることも

  1. トップページ
  2. 背中にきびのできる原因と理由
  3. 女性の体調とにきび

女性の体調とにきび

女性の体調はホルモンバランスによる影響に大きく左右されがちです。日々のストレスに加え、女性特有の月経のサイクルもホルモンバランスの変化が密接に関係しているため、生理前になるとにきびができてしまうという女性も多いはず。

これは、生理前になると抗体ホルモンとよばれるホルモンの働きによるものです。皮脂の分泌を促すため、男性ホルモンと似た働きをし、結果、生理前の肌にはにきびができやすい状態を作ってしまいます。また、慢性的に生理不順などを起こしている場合は、ホルモンのバランスを崩したままのケースがおおいため、特に肌の状態も安定しない、出来やすい状態となってしまうのです。

女性特有の繊細さや心の揺れなどは、体にそのまま反映されて、心の不調から肌のターンオーバーの機能がうまく働かなくなります。また、特に女性はお化粧をして毛穴をふさいだりすることも多く、背中にきびにいたっては露出の高いバックスタイルの服を着る場合の悩みのタネになります。体の調子をよく観察し、今、自分は生理のサイクルのどの辺にいるのか、気分やストレスなどの感じ方について把握しましょう。

ストレスを発散するために運動をしたり、あるいはリラックスをして心を休めたりと、自分らしいリズムを取り戻す努力をすることが、改善にもつながります。女性特有のサイクルを自分でつかむことができれば、にきびの出来やすい時期にも対策がたてられ、予防にもつながります。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3