発症理由は意外なところに潜んでいることが多い

  1. トップページ
  2. 背中にきびのできる原因と理由
  3. 意外と見落としがちなにきびの原因

意外と見落としがちなにきびの原因

その他、意外と忘れているけれどにきびの原因になっているものをあげてみます。

まず、にきびの大敵は肌の不衛生な状態です。肩や背中にできるにきびには、シャンプーやボディーソープの泡がよく流されておらず、肌にのこってしまって炎症の原因になっていることも多くあります。お風呂やシャワーの際は、流し残しの多い髪の生え際や、髪の長い人であれば毛先が触れるあたりなども、しっかり洗い流すようにしましょう。肌を拭くタオルや、身に付ける下着、あるいは寝具なども、定期的に変えたり洗ったりして、清潔な状態を保ちたいですね。

冬場ににきびが出来るという人もいますが、その場合は「乾燥」が原因になっていることが多いです。皮脂は肌のうるおいを逃さないために分泌されるのですが、肌が乾燥していると皮脂が肌を守ろうとして過剰に分泌され、却ってにきびの栄養になってしまうのです。これにはしっかりとした水分の保湿が必要です。化粧水やローションなどを使い、肌が乾燥しないようにし、皮脂が正常に肌を守ってくれる環境を整えましょう。

にきびはできるとどうしてもきになってしまうもの。ついついさわってしまい、つぶしてしまうという人もいるかと思いますが、これはNGです。潰したニキビは毛穴が大きく開き、ニキビ痕として残りやすくなるばかりか、潰したニキビからアクネ菌が他の毛穴へうつり、新たなニキビの原因となることも。ニキビのケアのために薬などを付ける場合は清潔な手でそっとつけ、必要がない場合はなるべく触らないようにしましょう。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3