子供のときとは違い慢性的な原因がある

  1. トップページ
  2. 背中にきびのできる原因と理由
  3. 思春期のにきびと大人のにきび

思春期のにきびと大人のにきび

思春期に顔や体ににきびができた!とショックを受けた人も多くいるのではないでしょうか。思春期は、第二次性徴と呼ばれる体の大きな変革期にあたります。

第二次性徴を迎えると、男の子はより男性らしく、女の子はより女性らしくといった特徴が強調されていきます。これを司っているのが「男性ホルモン」や「女性ホルモン」です。この急激な成長に向けて分泌されるホルモンバランスによって、にきびが引き起こされると考えられています。

思春期は特に男性ホルモンの比率がたかくなりがちで、そのために肌が脂っぽくなりがち。このため、にきびができやすい状態が続いてしまいます。特におでこと鼻の脂っぽい部分、Tゾーンに目立つのが特徴です。しかし、思春期を過ぎ、ホルモンバランスがおちついてくると、このタイプのにきびはだんだん治っていきます。脂っぽさを防ぐために清潔にし、洗顔をすることで回復することもあります。

大人のにきびは思春期のとは違い、慢性的な原因によって引き起こされるものです。肌の新陳代謝であるターンオーバーが上手く働かず、毛穴のつまりや角質が厚くなる状態がつづいていると、出来やすく、なかなか治ってくれません。

また、Tゾーン以外にもできやすく、肌の乾燥から起こる場合もあり、その原因は人によってさまざまです。仕事や生活のストレスや不規則な生活や食事、紫外線や化粧による肌への刺激など、実に多くのことが原因として考えられ、自分の生活を振り返り、何を改善しなくてはならないかよく見つめることが必要となってきます。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3