通気性の良い清潔な下着を心がけることがポイント

  1. トップページ
  2. 背中にきびを予防・悪化させないために
  3. いつも清潔な下着で

いつも清潔な下着で

背中にきびはじめ、にきびの原因になるのが毛穴のつまり。これを引き起こすのが肌についた汚れです。特に背中は汗をかきやすく、夏場はもちろん、服を重ねてきたりすることのおおい冬でも、私たちが思っている以上に汗をかいているものです。

まずは通気性がよく、肌への刺激の少ない綿の下着などをつけるようにしましょう。肌着をつけることで、セーターなどの毛足の長い服や、背中に流れた髪の毛の毛先から受けるチクチクした刺激からも肌を守ることができます。

また汗をよく吸うため、蒸れにくい特徴もあります。最近の機能性下着にはこのような特性にすぐれたものも多く見られるので、利用してみるのもいいでしょう。そして、汗をかいたな、汚れたなとおもったらマメに汗を拭いたり、着替えること。長い時間汗がついた下着をつけていると、菌が繁殖しやすくなります。

女性の場合であれば、下着の締め付けが背中にきびの原因になっていることも。ブラジャーが体に合っていなかったり、通気性のわるい素材だったりすると、そこから背中にきびができやすくなってしまいます。この場合も、サイズのあったものや、肌に優しい吸湿性のたかい素材をなるべく選ぶようにしたいですね。

また、シャンプーやボディーソープの洗い残しがニキビの元になることもあります。お風呂に入る際はよく洗うことも大切ですが、それ以上に十分に水やお湯で流すことも忘れてはいけません。せっかく洗っても、洗い残しがあってはニキビには悪影響を及ぼします。丁寧に洗い、しっかり流すこと。きれいな状態を保つために肌着には気を配ることがポイントです。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3