睡眠の質を高めて背中にきびを予防する

  1. トップページ
  2. 背中にきびを予防・悪化させないために
  3. 睡眠不足と寝るときの環境に注意

睡眠不足と寝るときの環境に注意

お肌の大敵、睡眠不足。これは背中にきびにも当てはまります。眠っている間に肌は作られ、生まれ変わります。特によく言われている0時から2時の深夜の時間は肌がターンオーバーをし、新しい肌を作るタイミング。できればこの時間には休んでおきたいですが、毎日というわけには行かないですよね。

現代人は慢性的な睡眠不足に悩まされています。6時間は就寝時間をとるようになどとも言われていますが、それを確保するのも難しい場合もありますよね。そんなときは、寝室の照明をすこし暗くしたり、寝る前は間接照明に切り替えるなどして、眠りに入る体勢をつくり、体や頭を休める努力をするのもいいと思います。

眠る時間も大切ですが、眠りの質も重要なもの。気持ちよく眠るために日中は外ですこしでも太陽を浴びておく、お風呂に入って汗を流すなど、一日働いて頑張った頭を休め、体をくつろがせる工夫をしてみましょう。コーヒーや紅茶などのカフェインのとりすぎないにも注意です。

背中にきびの場合、寝るときの格好にも気をつけたいですね。肌にかゆみを起こさない素材のものを選び、きちんと洗いましょう。人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。背中は特に、寝ている間は布団やシーツに挟まれて汗をかきやすくなっています。吸湿性に優れた素材の寝具やパジャマにするのがおすすめです。気持ちよく眠ることで、肌はもちろん、ストレスなどの心の問題や、体そのものの力を回復させることができます。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3