栄養バランスの取れた食事も予防には大切

  1. トップページ
  2. 背中にきびを予防・悪化させないために
  3. 背中にきびにも正しい食事を

背中にきびにも正しい食事を

にきびは内臓からのシグナルでもあります。不規則な生活やファストフードに頼った生活をしていると、どうしても必要以上のカロリーや油脂分をとることになり、結果的に肌への皮脂の分泌も増えます。脂っぽい肌はにきびの温床になりがちです。とはいえ、忙しい毎日、なかなかきちんとした食事がとれないという方は、サプリメントやビタミン剤、栄養補助食品などの力をかりてみてもいいと思います。

特にビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどは肌の健康にも効果のあるビタミンです。にんじんやほうれん草、たまご、緑黄色野菜やくだものなどをバランスよくとることで、肌への栄養とすることができます。

肌に良いからと言って、そればっかりに偏った食事をするのはNGです。あくまでも全体のバランスを考えながら、食事を見直すようにしましょう。体内の毒素がにきびとなって表れる場合もあるので、便秘を防ぐための食物繊維や十分な水分なども必要です。

チョコレートやアーモンドなど、ナッツ類に含まれる油脂分がにきびに悪影響なのでは、と心配される人もいるようですが、これはあくまでも食べ過ぎてしまった場合におこるもの。我慢してストレスになってしまっては意味がありません。

適量を心がければ食べても大丈夫。食事からしっかり栄養をとることで、肌が内側から変わっていくのが実感できると思います。朝おきぬけに野菜ジュースを飲む、脂っぽいものを食べ過ぎないなど、自分でできる範囲の心がけから少しずつはじめてみてください。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3