背中にきびの治療に有効な2つの方法とその比較

  1. トップページ
  2. 背中にきびに効く治療法
  3. レーザー治療とフォトフェイシャルの違い

レーザー治療とフォトフェイシャルの違い

レーザー治療は主ににきびをレーザーによって皮膚を焼く方法です。また、にきびそのものが治った後、色素沈着としてシミのようになってしまったニキビ痕にも効果的。肌に強力なレーザーを当てて、気になる部分に集中して治療を行います。一回にかかる費用が高額で、保険適用外ともなるため、よく予算を検討する必要がある治療法でもあります。

Co2レーザー、クールタッチ、クリアタッチなど、一口にレーザー治療と言っても、繰り返して行うほうが効果的なもの、皮膚へのダメージが少なくて済むもの、背中にきびのような広範囲に効き目があるものなど、実にさまざまな種類があります。これらに精通したベテランの医師のもとで治療を受けることをおすすめします。種類によっては、痕のなかでも治りづらいでこぼこした部分にも効果があるものがあります。

また、フォトフェイシャルというものもあります。レーザー治療と混同されがちですが、フォトフェイシャルで使われる光はレーザーよりも弱く、またピンポイントではなく広い範囲に光を当てるものになります。このため、レーザー治療よりも肌への負担は少なく、低刺激になります。

レーザー治療がひとつひとつ特徴があり、得意とする効能に徹底した高い効果を発揮するのに対し、フォトフェイシャルは繰り返して治療することが前提とされ、重ねて治療を受けることでだんだんと効果が実感できてくるようです。肌が弱い人でも受けやすく、かかる時間も比較的短くてすみます。広い範囲に広がりやすい背中にきびなどにも向いているかもしれません。にきびそのものにも、にきび痕にも効果が期待できます。

背中にきびについてのコンテンツ

人気ランキングベスト3